リフォームとリノベーションのメリットとデメリット

リフォームとリノベーションのメリットとデメリット

リフォームとリノベーションにはそれぞれメリットとデメリットがあります。それを比較してみましょう。

リフォームのメリット

設備の変更や修繕など部分的で小規模なリフォームは、リノベーションと比較して次のようなメリットがあります。

  • 仮住まい探しや引越しの必要がない(フルリフォームを除く)
  • 低予算で見た目をキレイにできる
  • 工期が比較的短く済む
  • キッチンやトイレなどのリフォームはパッケージ化されている場合が多く、値段が分かりやすい

    見た目はメリットが多いように見えるリフォームですが、次のようなデメリットもあります。

    リフォームのデメリット

    ライフスタイルは変わらない

    リフォームは古くなったキッチンやトイレを新しくしたり、壊れていた壁を元に戻したり、あくまで修繕として行うことが多く、ライフスタイルを自分好みに変えることはできません。アパートや賃貸マンションの原状回復もリフォームですね。家や部屋にライフスタイルを合わせないといけないのです。

    費用対効果が悪くなる場合がある

    リフォームの工事は基本的に修繕が必要な箇所のみに焦点を当てて行う場合が多く、元々ある設備をそのまま使うことを前提に工事を行ったり、その残す部分を傷つけないように養生を行う必要が出てきます。その際、養生やリフォームの見積もりに余計な時間や費用がかかったり、取り替えたいと思っていたキッチンなどの既製品が古い設備と適合せず後から追加費用が必要になり、結局パッケージプランより割高になったりといったトラブルにも繋がる恐れがあります。加えて複数の箇所をリフォーム際に工事業者が別になったりした場合、それぞれから見積もりして貰ったり、工事日程を調整したりと余計な手間が多く発生してしまうケースもあります。

    リノベーションのメリット

    部分的な修繕を目的とするリフォームに対して、リノベーションは次のようなメリットがあります。

  • ライフスタイルに合わせて間取りや設備を変更できる
  • 基本的に一度天井や壁を取壊して(スケルトン状態)から工事を行うので、部分的にリフォームを行うより効率的に工事を行うことができる
  • 使いたいキッチンやトイレの設備に合わせて、排水管や配線など設備を柔軟に変更できる
  • 天井や壁を取壊してからのリノベーションなら、目に見えない古くなった排水管やガス管などの設備の点検、交換が容易
  • やはり「ライフスタイルに合わせて間取りや設備を変更できる」これがリノベーションの一番のメリットではないでしょうか?また、目に見える部分を個別にリフォームするより、壁まで剥がした状態(スケルトン状態)から設備を新しく工事することが多いため工事工程が効率的になり、目に見えない設備の補修も比較的簡単に行うことが可能なこともリフォームと比較してのメリットです。

    住宅購入の新しい手法「中古物件+リノベーション」

    最近の住宅購入の新しい手法として、中古マンションや中古戸建てを購入し、古い建物のよさを活かしながら、給排水・電気配線・ガスの配管なども新しく取り替え、新築時以上に性能を向上させたり、住まい手の好みのデザインや間取りに変えたりすることにより、中古住宅に「新たな付加価値」を生み出す手法として「中古物件+リノベーション」という形で使われることも多いです。

    また、新築マンション購入と比べれば、同じ不動産条件で比較した場合「中古物件+リノベーション」のほうが1000万円近く費用を抑えることができたという例も多くあり、住まいにも自分らしいスタイルを取り入れたい人たちの賢い選択として注目されています。
    (価格は物件要件により大きく異なってきます)

    リノベーションのデメリット

    そんな最近注目され始めているリノベーションですが、これにもデメリットはもちろんあります。

  • 今住んでいるところで間取りの変更など大規模なリノベーションをする場合、仮住まい探しや引越しの必要がある
  • 天井や壁を取壊すスケルトン状態からのリノベーションの場合、大規模リフォームに比べても費用は高くなりがち
  • 工事期間がリフォームより長い
  • マンションや戸建ての築年数や保存状態、特性によって価格が大きく異なってくる
  • もとあったものに新たな価値を付け加えいていくリノベーションは、同規模のリフォームと比較しても費用は高くなりがちです。また住宅の構造自体を大きく変更することから、どうしても物件の築年数やその特性によって必要となる価格差や制限が出てきてしまいます。

リフォームとリノベーションはどちらが良いのか?

リフォームとリノベーションのメリットとデメリット

リフォームとリノベーションではその意味合いは異なります。繰り返しになりますが、リフォームとは「古くなったものをもとの形や性能に戻すこと」で、リノベーションとは「古くなったものに新しい価値を加えること」。そもそも、比較するようなものではないのです。

「リフォームとリノベーションはどちらが良いのか?」その答えはこれから自分が、どのようなライフスタイルを選んでいきたいのかのよって変わってきます。

今までと同じようなライフスタイルでいきたいならリフォーム。今よりもより良いライフスタイルを目指したいのならリノベーションを選択すべきです。

途中で少し話題に出しましたが、最近の住宅購入の新しい手法として「中古物件+リノベーション」が大きく注目され始めています。それはこれまで住宅購入として主流だった建売住宅(いわゆる新築住宅)のやり方が見直され始めているからです。

少子高齢化や単身世帯の増加で標準的な家族構成が変わっているのに加え、個人の求めるライフスタイルが多様化してきているのに、供給される新築住宅は売り手(建設会社や不動産会社)が効率的に大量に作れるように限定されたものしかありません。その画一的で個性のない新築を選ばず、住まいにも自分らしいスタイルを取り入れたい人たちに「中古物件+リノベーション」が選ばれ始めているのです。


まとめ

ここまで読んで頂いた方にはリフォームとリノベーションの違いは分かって頂けたと思います。リノベーションはその言葉自体がやっと世間に出始めたばかりで、まだまだ一般的になっていないのが現状です。

今後、私たちを含めて日本の住まいをより良いものにしていこうという会社や、リノベーション業界全体がどんどん「リノベーション」という言葉をPRしていくことでしょう。リノベーションがリフォームと違う立ち位置で選択されることが一般的になることを目指して、私たち「ガウディランド|GaudiLand」も邁進します!




中古物件探し・リノベーションのご相談は【ガウディランド 】へ!
仙台市若林区清水小路1-7 (五橋駅より徒歩1分)
メール:info@gaudi-land.co.jp
電 話:022-302-6461

EVENT MORE