ウチの水道代は?高い?安い?

ウチの水道代は?高い?安い?

節約は気にしているけど、周りの人はどれくらい水道料金がかかっているのか、我が家は高いのか安いのかって気になりますね。節水の効果についてもあるのかどうかわからないことも多いと思います。
そこで、今回は水道料金の節約方法をお伝えしていきます。

 

水道料金の平均は?

水道料金には、上下水道の両方が含まれます。地域によって金額は大きく異なりますが、水道使用量の目安は参考になりそうです。
まずは、みんなはどれくらい水道を使っているのか、世帯別での水道使用量と上下水道の料金の平均を見ていきましょう。比べてみると、使い過ぎているのかどうかを確認できますよ。


1人暮らしの水道使用量(水道料金)の平均
1カ月あたり平均8.0㎥
上下水道料金の平均
2カ月で3,000円~4,000円
1カ月あたり1,500円~2,000円程度


2人暮らしの水道使用量(水道料金)の平均
1カ月あたり平均16.2㎥
上下水道料金の平均
2カ月で7,000円~8,000円
1カ月あたり3,500円~4,000円程度


3人家族の水道使用量(水道料金)の平均
1カ月あたり平均20.8㎥
上下水道料金の平均
2か月で9,000円~10,000円
1カ月あたり4,500円~5,000円程度


4人家族の水道使用量(水道料金)の平均
1カ月あたり平均25.1㎥
上下水道の平均
2か月で12,000円~13,000円
1カ月あたり6,000円~6,500円程度


5人家族の水道使用量(水道料金)の平均
1カ月あたり平均29.6㎥
上下水道の平均
2か月で15,000円~16,000円
1カ月あたり7,500円~8,000円程度

 

家族の人数を参考に、自分の家では水を使い過ぎていないか確認できましたか?

 

水道・光熱費の節約は浴室から考えよう

ウチの水道代は?高い?安い?

家の中で水道を使う場所はどこがあるでしょうか。キッチン、トイレ、浴室。。。家庭内の主な住宅設備で、水道・光熱費をよく使う場所と言えば、まず第一に浴室が思い浮かぶのではないでしょうか。月々の水道・光熱費を抑えるためには、まず浴室の使い方を見直してみましょう。


水が使われる場所は風呂が40%
国土交通省の「平成26年版 日本の水資源について」によると、1日の水道使用量1人あたり平均289Lでした。節水型のトイレや洗濯機の普及と節約意識の高まり、1995年の322Lからは使用量は減少傾向にあります。

その289Lの水が家庭内で使われる場所は、東京都水道局の「平成27年度 一般家庭水使用目的別実態調査」によると、「風呂40%、トイレ21%、炊事18%、洗濯15%、洗面・その他6%」でした。


意外に多いシャワーのお湯
毎日お風呂の残り湯は再利用している、というお宅も多いですよね。洗濯やお掃除に使ったり…みなさん実践済みだと思います。
でもご存知ですか?毎日シャワーからどれぐらいの水が流れ出ているのか。一般的なシャワーでは、毎分10L~12Lの水が流れています。10分シャワーを使えば100L以上。家族4人のご家庭なら400L以上にもなります。これは大きめの浴槽いっぱいにためた水の量より多いのです。毎日、残り湯の活用で節水を頑張っているのに、シャワーが盲点になっていませんか?シャワーを使う時間を一人1分でも2分でも意識して短くしてみましょう。家族全体だと相当な水道代を節約できるはずです。

女性のほうがたくさん使います
現代の生活の中では、毎日洗髪をしている人がほとんどです。特に女性は髪も長い方が多いので、シャンプーは2回、コンディショナー1回、そのたびにしっかりすすいで、それから身体もしっかり洗って、ボディーケアに、もちろん洗顔も。その間に身体が冷えちゃったらまたまたシャワー、なんて人も。
せめて流しっぱなしにせず、髪や身体を洗っている間は、シャワーを止めておきましょう。

男性にはオススメ!節水入浴法
男性の中には身体と髪を洗って一緒に流しておしまい、という洗い方の方も意外と多いのでは?
実はこれ程エコな洗い方はありません。まず身体を洗い、次にシャンプーで髪の毛、できれば顔も一緒に洗ってしまってから、ここでやっとシャワーの出番。頭のてっぺんから足の先まで一気にシャワーで流します。豪快ですが、いちばん節水上手な入浴方法ですよ。

家族と一緒に入る
子供や家族がいれば一緒に入るととても節水効果があります。
まずはお風呂の水を低いところ(お腹あたりまで)に設定し、お風呂が沸いたら、家族で一緒に入ります。
1人で入るとお腹くらいまでしかお湯に浸かりませんが、、家族で入ると水かさが増すので肩までお湯に浸かることができます。
1人で入る時のお湯の量を半分以上節約できます。

 
 

シャワーの水道代&ガス代を確認しよう

ウチの水道代は?高い?安い?

普段何気なく利用しているシャワーですが、実は結構な水道代とガス代がかかっています。
シャワーヘッドにもよりますが、一般的にシャワーは1分で約10リットルの水を出すことから、1分10リットル、10分使用したときを想定して計算してみます。水道料金もお住いの地域や水道局の基本料金など異なりますが、ざっくり計算すると。。。

シャワー10分間の光熱費

 ・ 水道代:約30円 
 ・ ガス代:約35円 

シャワー10分間のコストは65円程度、これが毎日になれば1ヶ月1950円程度です。4人家族だと1ヶ月7800円に!!もちろんシャワーを使う時間が長くなるほど、シャワーの温度が上がるほど光熱費は高くなると考えられます。
これは十分に家計の負担となる金額でよね?そんなシャワーの光熱費の削減が期待できるのが「節水シャワーヘッド」なんです。

節水シャワーヘッドは、簡単にいえば、少ない水でもシャワーの水圧を強めてくれるシャワーヘッドのこと。イメージとしてはホースの先を押さえた時に水の威力が強くなるような感じでしょうか。
安いものだと1000~3000円程度と、意外と手に入れやすいのも魅力です。
節水シャワーヘッドの存在は知ってはいるけど、水圧が弱くなるんじゃない?って思っている方いませんか?逆ですよ!水の使用量は減るのに水の勢いは強くなり、節水できるので水道代は安くなります。一度取り付ければ後は毎月の水道代が安くなるので、ほとんどの家庭で数か月で元が取れるでしょう。

節水シャワーヘッドの節水効果は40~60%
さて、節水シャワーヘッドにすることで具体的にはどれぐらい節約ができるのでしょう。
これも商品の種類などによって異なりますが、少なくとも30%程度は節水できるようです。商品によっては50~60%の節水が出来るものもあり、もちろん節水効果が高いほど節約効果が高まり、家計にも還元されます。
例えば先ほど、10分間のシャワーで使用する水道料金は30円とお話ししましたが、単純に計算すると50%の節水効果がある節水シャワーヘッドを使うだけで、10分あたりの水道代が15円になるんです。なんと半額です!


使用する水の量が減ることで同時にガス代や電気代の節約も可能ですから、一度各メーカーのホームページを見てみるといいでしょう。それぞれの商品の節水率や商品の特徴を比べてみてください。

 

シャワーと浴槽で上手に省エネを

お風呂は常にシャワーだけという方もいますが、日本人は昔から浴槽に浸かる習慣があるので、「ゆっくり湯舟に浸かって疲れを癒したい」という人は多いですよね。それでも浴槽とは別にシャワーは必ず使うでしょうから、節水シャワーヘッドはおすすめです。
また、浴槽の水量を少し少な目にして半身浴で体を温めるとリラックス効果やデトックス効果もあります。

賢く省エネ節水して、体もお財布も暖かく過ごせると嬉しいですね!

 
WORKS MORE
EVENT MORE