リラックスできる部屋の作り方!どこを工夫すればいい?

リラックスできる部屋の作り方!どこを工夫すればいい?

リラックスできる部屋の作り方!どこを工夫すればいい?

 

 

1日頑張って働いて家に帰るとき 家事の合間の休息の時…

あなたの家はリラックスできる空間になっていますか?

 

ゆっくりと身体と心の疲れを癒す為には、居心地の良い落ち着いた雰囲気の部屋があると 心身ともにリフレッシュできますよね。

 

家具の配置や照明、インテリアグッズや色彩の効果を利用するなど、ちょっとした知識と工夫でもっとリラックスできる空間を実現できますよ!

 

 

今回は、そんなリラックスできる空間づくりのポイントを ご紹介していきたいと思います。

模様替えや大掃除をしようと思っている方も是非読んでみてくださいね!



 

1.先ずは整理整頓

「リラックスできる空間」の第一条件は、何と言ってもその部屋が「キレイに片付いている」事です。

当然ですが、散らかっていて物が溢れている部屋では 心からリラックスすることはできません。
 

では、なぜキレイに片付いている部屋はリラックスできるのでしょうか?

そこには視覚効果が関係しています。

物が溢れた部屋にいると、目から入ってくる情報量が多すぎて、脳がリラックスできずに興奮状態を続けることになります。

脳が興奮した状態では 心安らぐ休息をとることはできませんよね。

 

不要な物は思い切って処分してしまうのが一番の近道です。

一度断捨離にチャレンジしてみると、びっくりするぐらい整理整頓が楽になるんです。

お部屋の中を常にゆったりとした空間に心がけることが最大のポイントです。


 


 

リラックスできる部屋の作り方!どこを工夫すればいい?

2.背の低い家具を使う

 

背の低い家具を使うと、部屋に開放感が生まれます。

「でも、収納が少なくなるのでは?」と心配する方もいるでしょう。しかし、背の低い家具でも収納力の高い家具はあります。

また、背の高い家具は収納力がありますが、そのせいで ついつい物をたくさん買ってしまう事につながります。

物がたくさん増えてしまうと、先に述べたように 整理整頓もしづらくなりますよね。
 

どうしても背の高い家具を置きたい場合は、リラックスタイムを過ごす場所から少し離れた場所にするとよいでしょう。

目につきにくい場所ならば、圧迫感も覚えにくいでしょう。

また、背の高い家具は白や薄い茶色など淡い色を使うとよいですね。
 

3.統一感を持たせる

人それぞれ好きなテイストは違いますよね。
しかし、家の中に家族の好きないろいろなテイストがごちゃ混ぜになってしまったら・・・
どうしても落ち着く空間にはなりません。

「ナチュラルテイスト」や「アジアンテイスト」「ビンテージテイスト」…などなど 様々なテイストがありますが、
「家族の好みがバラバラで どうしても一つに選べない!」
という方もいるでしょう。
そんな場合は、部屋ごとにテーマを決めてテイストを取り入れるのも一つの方法です。

その際、みんなが集うリビングだけは、あまりごちゃごちゃさせずにシンプルにまとめるのが落ち着く空間のポイントになります。


 

4.落ち着いた色合いでまとめる

部屋の中を見渡した時、どんな色が目に入ってきますか?

一つの部屋の中に暖色系と寒色系、たくさんの色が混在している時は、人はあまりリラックスできません。
 

インテリア雑誌を見ると、カラフルで可愛らしい色使いの部屋もたくさん載っています。

瞬間目を奪われるような華やかさがありますが、よく考えてみてください。

自分の部屋は毎日使うものなのです。

あまり賑やかなカラーリングだと、心が安らぐ生活はできません。

 

お部屋の中では壁紙、天井の色が大部分を占めると思います。
まず、その色をベースカラーと考えていきましょう。

 

ここにも視覚による心理が関係しますが、ベースカラーにはナチュラル「オフホワイト」や「アイボリー」、「ベージュ」など、優しく穏やかな色を選ぶようにすると一番脳がリラックスできます。

その中に取り入れる差し色は、2色程度にまとめるとすっきりとして見えます。

 

リラックスする部屋を作りたいとき、家具や雑貨などで差し色に持ってくるのは、どちらかというと淡い寒色系の方がオススメです。

青などの寒色系や落ち着いた茶系などには、副交感神経を刺激して脈拍を下げたり、呼吸を深くする効果もあります。

 

反対に燃えるような赤など ビビッドなビタミンカラーを持ってくると、交感神経を刺激して脳が興奮状態になります。体温が上がったり、食欲など動物的な生命力が高まるという効果もあります。

このように暖色系と寒色系の効果を知り、ポイントとなる差し色を決めて うまく取り入れていくことで より落ち着ける空間にすることができます。

リラックスできる部屋の作り方!どこを工夫すればいい?

5.間接照明や観葉植物を活用する

「照明器具」の使い方によってもリラックスできる部屋づくりができます。特に「間接照明」は効果的です。

間接照明の光はやわらかく温かみがあり、精神的な落ち着きをもたらしてくれるので、リラックス効果が高いです。

光がダイレクトに目に入らず 天井や壁に反射されるため、柔らかく暖かい印象の光が副交感神経に働きかけ、気分を落ち着かせてくれます。
 

ロウソクのような、やわらかく揺らめく明るさの中でウトウト…
そんな演出もできる置き型の間接照明もたくさん売っているので、一度調べてみてはいかがですか?

 

観葉植物にも実はたくさんのメリットがあります。

視覚疲労を回復し、緊張感が和らぐ効果があるそうです。部屋に一つ植物があるだけで心がホッとするような安心感がありますよね。

緑色は中間色と言って、心と体のバランスを整えてくるれるのです。

また、光合成により酸素を増やし空気を清浄してくれるので、クリーンな空気の居心地のいい空間作りにはもってこいなんですよ!

 

 

6.香りや音も効果的に取り入れる

香りや音楽には、神経をリラックスさせる効果があります。

好きな音楽を聴くだけで元気が出たり、リフレッシュできますよね。

心安らぐ香りの演出があればさらに効果的です。

ゆずなどの柑橘系やラベンダーは特に疲れた体を癒す時にオススメです。

アロマポットで楽しんだり、コットンに一滴垂らして部屋に置いて置くだけでも充分効果はあります。

 

終わりに…

いかがでしたか?今回はリラックスできる部屋作りの方法についてご紹介しました。

「リラックスできる部屋を作りたい」と思う人はたくさんいるはずです。

自分にとっての「落ち着ける場所」にするために、どうしたらよいのかお分かりいただけたと思います。

ぜひこの記事を参考にして、自分なりの「リラックスできる部屋」を作り出してくださいね。



中古物件探し・リノベーションのご相談は【ガウディランド 】へ!
仙台市若林区清水小路1-7 (五橋駅より徒歩1分)
メール:info@gaudi-land.co.jp
電 話:022-302-6461

 
EVENT MORE