梅雨の湿気対策、気をつけてますか?

梅雨の湿気対策、気をつけてますか?

梅雨の湿気対策、気をつけてますか?

 

ジメジメする梅雨の季節がやってきました。

どんよりとした天気が続くと、それだけでブルーな気分になりがちですよね。

湿度が高くなると、不快指数が増すだけではなく、お家の中にカビが発生しやすくなるなどの影響も…

 

今回は、住まいの湿度対策をご紹介します。

梅雨時を快適に暮らす方法をマスターしましょう!

1.湿度が高くなる原因

梅雨の湿気対策、気をつけてますか?

まず、湿度が高くなる原因として考えられるものにはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

 

1-1.空気の循環が悪い

室内の湿度が高いということは、湿気をうまく逃がすことができていないということです。

高気密高断熱の家では、室内で発生した湿気の逃げ場がないのです。

最近の住宅では24時間換気システムの設置が義務づけられたため、湿気を逃がすことができるようになりました。

しかし、その前に建築された高気密高断熱住宅の場合は、注意が必要です。

「この部屋だけ湿度が高い」という場合は、その部屋の風通しがよいかどうか確認してみる必要があります。

窓が小さかったり空気の通り道ができない構造の家だと、換気がうまくいきません。

 

1-2.床下・天井からの湿気

湿気が多い土地に家が建っている場合、基礎や断熱材がしっかりしていないと湿気が発生しやすくなります。

敷地の土壌そのものの湿気が多い、床下の通風がよくない場合は、室内にまで影響してしまうのです。

 

2.湿気が身体に及ぼす影響

梅雨の湿気対策、気をつけてますか?

気象条件の中で、人間の身体がもっとも敏感に感じるのは気温ですが、湿度も人の身体に大きな影響を与えます。

たとえば夏の蒸し暑さをあらわす指標である不快指数は、気温が徐々に高くなり、湿度が急激に上がるこの時期から徐々に上昇しはじめます。
雨の日が続くと、室内でも不快指数が増すため、「なんとなく身体がダルい」「疲れが取れない」など、身体にも影響がでる場合があります。

また、湿度はカビの原因でもあります。「温度」「湿度」「汚れ」の条件がそろった場所に発生しやすくなります。

 

  【カビが発生する主な条件】

  • 湿度 … 80%以上
  • 温度 … 20〜30℃
  • 汚れ …(カビは汚れやホコリが大好き)
  • 酸素 …(空気に触れると活性化します)


 

これらの条件は、ダニの発生条件とほぼ一致しているため、梅雨時にはカビだけではなくダニにも注意が必要です。

カビ対策として、エサになる「汚れ」を排除することも大切ですが、実はカビのエサはそれだけではありません。

住宅に含まれる木材やビニールクロスなど、有機化合物ならなんでも栄養分にしてしまうので、掃除だけではカビの繁殖を抑えるのは難しいといわれています。

しかし、湿度が60%以下の環境では、カビの繁殖力は弱まります。梅雨時は、室内の湿度を下げることこそが、最強のカビ対策なのです。

3.カビが発生しやすい場所と対策を考えよう

梅雨の湿気対策、気をつけてますか?

カビが頻繁に発生する場所や以外な発生場所を確認しましょう。

カビはそのまま放置すると知らず知らずに繁殖してしまいます。

繁殖が進む前に、対策をすることで手間も時間も少なくてすみます。

 

・バスルーム

お風呂場は一年中湿気が多く、カビがもっとも発生しやすい場所です。

お風呂を出る前に、壁や浴槽などに付いた泡や石鹸カスをよく洗い流しましょう。

洗い流す場合も、初めはお湯できれいに落とし、その後、冷水で流しましょう。

その後、壁や床に付いている水滴をしっかりとふき取りましょう。

できれば梅雨の時期は24時間換気扇を回すと効果的です。

電気代を気にする方もいると思いますが、一日中浴室の換気扇を付けっ放しにしていたとしても、月の電気代は300円程度と言われています。

カビが発生してからカビ取り剤を使う方がお金も手間もかかると思いませんか?

 

・キッチン・シンク周り

お風呂場と同じくらい水気を使うのがキッチンです。

食べ物も置いてある場所なので、カビ対策はしっかり行いたいです。

料理やお皿洗いをした後など、しっかりと換気扇を回して空気の流れを作りましょう。

包丁やまな板にもカビが生えやすいので、しっかりと中性洗剤で洗い、乾燥をしたらその都度アルコール消毒などをしましょう。

 

・押し入れ
布団や衣類などを収納する押し入れやクローゼットは、湿気がこもりがち。
特に24時間換気システムが付いていない住宅では、押入れの湿気がぐんぐん上がります。
就寝時、人は1時間あたり約50gの汗をかいているので、その布団を毎日押入れにしまっている人は要注意です。

布団は定期的に干したり、布団乾燥機を使ったりして、湿気を溜め込まないようにしましょう。

衣類は詰め込みすぎず、よく風を通して、余計な水分を残さないようにしてください。

押し入れ内の換気も大切です。片側のふすまを開けるだけではなく、左右両方を開けた状態にすると、空気の通り道ができて効果的に湿度が下げられます。

空気の入り口と出口を作ることが大切なんですね。

スノコや除湿材も活用して、湿気をこもらせないようにしてください。

    

・下駄箱
履いた後の靴をすぐにしまうと、汗や汚れが残っているので、下駄箱内でカビが発生しやすくなります。

履いた翌日は風が通りやすい場所において湿気を飛ばし、汚れを落としてから内側に新聞紙を詰めておくことをおすすめします。

雨が降った日に履いた靴は、特に気をつけてください。

週に1度程度は、下駄箱の扉を開け放して換気をしましょう。

木炭を入れておくだけでも効果的な湿気対策ができます。しかも木炭は、嫌な匂いも脱臭してくれるうえに、天日干しすることで繰り返し使える万能素材なのでオススメです。

    

・窓周り
窓やサッシ周りは、ホコリなどの汚れや水気がたまりやすい場所です。

ゴムパッキンの部分が濡れているとすぐにカビが生えてくるので、お掃除の際にはたまった水分を雑巾でふき取るようにしてください。

また、ゴミを取り除いた後でエタノールで拭き取るとなお効果的です。
エタノールは、金属部分を傷めずに殺菌することができ、カビのタンパク質を分解する働きもあるので、カビの防止にもなります。

まとめ

いかがでしたか?今回はちょっとした一手間でできる湿気対策をご紹介しました。

湿気対策は全て無料でできるわけではありませんが、必要な部分にはお金を費やした方が、最終的な出費を抑える事ができます。

マイホームは長い付き合いになることがほとんど。

普段から湿気対策を行っておいた方が、長い目でみたらプラスだと言えるでしょう。

快適な家で日常を過ごすためにも、積極的に湿気対策を行っていきましょう!



中古物件探し・リノベーションのご相談は【ガウディランド 】へ!
仙台市若林区清水小路1-7 (五橋駅より徒歩1分)
メール:info@gaudi-land.co.jp
電 話:022-302-6461

EVENT MORE