スケルトンはここを見よう!

こんにちは。仙台の中古リノベとcasa取扱店、ガウディランドの安川です。

みなさんは住宅見学会に参加されたことはありますか?見学会の中でも、スケルトン見学会というものをご存知でしょうか??
今回は、聞いたことはあるけど、、、なぜその状態で見学するの?という「スケルトン見学会」についてご説明させていただきます。

目次===============================
1.スケルトンとは?
2.スケルトン見学会のメリット
3.こんな方におすすめ
4.まとめ
=================================

=================================
1.スケルトンとは?
=================================

スケルトンとは、スケルトンインフィル(SI)の事をいい、
建物の柱や梁などの躯体と、内装・設備(インフィル)を別々に考えた工法の事です。
リノベーションでいうスケルトンとは、住宅の内装・設備・間仕切り壁などをすべて取り払い、建物の骨組みとなる構造体そのものになった状態のことです。

=================================
2.スケルトン見学会のメリット
=================================

①見えない部分を見ることができる。
スラブや柱・梁、現場の雰囲気や作業の仕方など、おうちが出来上がった後では見えない部分を見ることができます。構造についても実際に見ながら質問もできるので理解しやすいです。

②キッチンやバス・トイレなどの水回りが動かせるか見極められる。
梁や外壁などの構造体と共有部分を除いて一新できる状態なので、天井や床下の配管・配線を交換して水回りの移動を相談することができます。

③間取り変更の自由度が高いか低いかが見極められる。
梁やスラブをあらわしにしたデザインを楽しんだり、間取りや内装を変えることも構造を見ながら相談できます。

=================================
3.こんな方におすすめ
=================================

・好みの間取りやデザインの部屋が見つからない方
・リノベーションのイメージが沸かない方
・中古マンション選びに悩んでいる方
・配管・配線の老朽化が気になる方
・構造やリノベーション工事の過程が気になる方

=================================
4.まとめ
=================================

今回はスケルトンについて説明しました。
普段は見えない部分を見ることができるスケルトン見学会。見学の際は、工法、柱などの素材、接合部、耐震性や耐熱性・断熱性など、できあがってからでは見ることのできない部分をしっかり確認しましょう。また、資材などの管理の仕方や現場が整理整頓されているかも、安心につながるチェックポイントだと思います。スケルトン見学会へ参加することで、より自由に自分好みのお家作りをイメージすることができ、より楽しくなりますね!
ぜひ検討する際の参考にしていただければと思います。

中古リノベーションの資料請求はコチラ!

建築家とつくる家【design casa】の資料請求はコチラ!

ガウディランドではあなたにピッタリな家づくりをワンストップでご提案しています。

Column一覧に戻る

tag