コラム

意外と知らない!?マンションの管理費って?

こんにちは、ガウディランドの佐藤愛です。

皆さま、突然ですが「管理費」の存在はご存知ですか?

 

「管理費なんだから、マンションの管理に使われるんでしょ?」

 

はい、その通り。大正解です!

お恥ずかしながら、私は不動産業界で働き始めるまで「管理費」を知らずに生きておりました・・・。

 

この「管理費」マンションを購入して暮らしている殆どの方が支払っています。

今回は、「管理費」について掘り下げていきます。

 

最後まで読んでいただくと、今後マンションを見るときの視点が少し変わりますよ(^^)

ぜひ最後までお付き合い下さい。

 

目次=============================
1. 「管理費」とは?

2. 「管理費」はどうやって決まる?

3. マンションは管理体制を見て買おう!

4.まとめ
===============================

 

1. 「管理費」とは?

まずは管理費がどのような費用なのか説明していきます。

冒頭でも触れましたが、管理費とは「マンションの共用部の維持や管理を行うための費用」です。

 

主な使い道はこちら

・管理員人件費

・公租公課

・共用設備の保守維費及び運転費(共用部の水道光熱費含む)

・共用部分等に係る火災保険料、地震保険料、その他損害保険料

・経常的な補修費

・管理組合の運営費用

・管理業務委託費

 

少し具体的な例を挙げてみると、共用部清掃で使う道具や消耗品、エントランスや共用廊下の電球、

防犯カメラやAEDなど、その使用用途は多岐にわたります。

その中でも代表的なのは、マンションの管理や清掃を行う管理人さんの人件費です。

 

2. 「管理費」はどうやって決まる?

マンションの管理は、物件ごとに必要になる金額は異なります。

各所有者の管理費を算出する時、どのように計算されるのでしょう?

 

管理費は、所有者の方たちから平等に徴収します

この時、共用部の使用頻度などは考慮しません。

 

管理費を平等に徴収するために、各所有者の共有部分の共有持分に応じて算出しています。

要は、所有しているお部屋の広さによって管理費が決められている、ということです。

では、実際に計算してみましょう!

 

計算式はこちら

【マンション全体の年間管理費 ÷ マンションの総専有面積 × 所有専有面積 = 各年間の管理費】

 

マンションの1㎡あたりにかかる管理費を割り出して、所有しているお部屋の広さを掛けましょう!

(例)=========================

マンション全体の年間管理費:700万円

マンション総専有面積:3,600㎡

所有専有面積:70㎡

計算式に当てはめると、

700万円 ÷ 3,600㎡ × 70㎡ = 136,080円

1ヶ月に支払う管理費は、

136,080円 ÷ 12ヶ月 = 11,340円

===========================

このようにして、マンションの管理費は算出されております。

物件によって年間の管理費は異なりますし、お部屋の広さでも負担する管理費は変わってきますね。

 

3. マンションは管理体制を見て買おう!

ここまで管理費の使い道と計算方法を説明してきました。

では、実際にマンションを購入しようとするときに見ておきたいポイントをご紹介しますね!

マンションの内見するときは、室内だけではなく管理状況もしっかり見ておきましょう。

 

・敷地内やマンションの共用部の清掃はされているか

・ゴミ置き場の状態は荒れていないか

・掲示板は整理されているか

・駐輪場やバイク置き場が整理されているか

 

上記にような項目は要チェックポイントです!

管理状況が悪いと結構汚れていたり、壊れているものがあったり・・・

ぜひ内見時に確認してみて下さい。

 

そして、もう一つ。”議事録の確認”です。

中古マンションであれば、売主様が議事録を持っているケースがあります。

売主様によっては破棄されいることもあるので、必ず持っているとは限りませんが、

持っていたら見せてもらうと良いでしょう!

管理組合で議題に上がっている項目や、どのように改善しようとしているかなどを知れるチャンスです。

仲介業者に確認してみましょう!

 

4.まとめ

管理費や管理体制は物件ごとに本当に様々です。

「できるだけ安い方がいいなぁ」と思う方が多いでしょう。

 

しかし、管理費自体は”安ければいい”というものでもありません。

そのマンションを維持・管理していくための大切な費用でもあります。

 

週3回の巡回管理”と”24時間管理”では管理員人件費が違うのも当たり前です。

そういった管理体制でも管理費に違いが出てきますので、

ご自身が本当に求めている管理体制がどんなものなのか把握しておくのも大切ですね。

 

気になったマンションの管理体制については、仲介の不動産会社へ問い合わせをしてくださいね!

弊社でも中古マンションの管理費と管理体制はしっかり確認してご案内をしております。

皆さまの毎月の支払い、住まいの環境に関わることなので尚更です。

このような物件に関するご相談だけでなく、資金面や購入後のお手続き等、

トータルでサポートさせていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

では、また次回お会いしましょう!

中古リノベーションの資料請求はコチラ!

建築家とつくる家【design casa】の資料請求はコチラ!

Column一覧に戻る

tag