コラム

建売と注文住宅、私達に合っているのはどっち?徹底比較!

みなさんこんにちは!
ガウディランドの鈴木優衣です。

新築一戸建てには大きく建売と注文住宅の2つがあります。
どちらを選ぶかによって資金計画の立て方や費用、スケジュール面においても大きな違いが生まれます。
新築一戸建てをお考えの方はぜひ最後までご覧ください。

ーーー目次ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1、特徴の違い
2、費用の違い
3、入居までのスケジュールの違い
4、どちらが向いている?建売と注文住宅を選ぶ時の判断基準
5、まとめ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーー
1、特徴の違い
ーーーーーーーー

◆建売の特徴

建売住宅は土地と建物がセットで販売されている住宅を指します。
住宅の完成後に販売されるケースと、建築中に販売がスタートするケースがありますが、どちらも設計は事前に決まっていることがほとんどです。

ちなみに、完成前に販売されている場合は設備などの一部オプションは選択可能なケースもありますが、規格や費用などの面からどうしても注文住宅と比べると選択肢は狭くなってしまいます。

また、建売住宅は広くまとまった土地を複数の区画に分けて、同じような工法仕様で複数の棟を建てることがほとんどです。
その為、近隣住宅と外観がかなり似た形になるので、ご自身たちの好みに合わせたデザイン性を求めることは難しいと言えます。
大規模分譲地の場合、統一された美しい街並みが形成されるのが特徴ですので、その点をメリットに感じられる方もいるでしょう。

◆注文住宅の特徴
注文住宅は設計事務所や工務店、ハウスメーカーなどに設計・工事を依頼し、一から家づくりを行うものです。
予算や法令の範囲内であれば、間取り・デザイン・外装・内装・設備などを自由に設計できるのが大きな魅力です。
一部のデザイン・仕様のみを選択するセミオーダー型などもあります。

ーーーーーーーー
2、費用の違い
ーーーーーーーー

住宅金融支援機構が行なった「2020年度フラット35利用者調査」によると、建売住宅の平均所要資金は3,495万円、土地を含む注文住宅の平均所要資金は4,397万円とされており、建売住宅のほうがコストを抑えられると言えます。
「土地や建材の一括購入ができる」「打ち合わせにかける人件費が少ない」「作業工程の効率化により人件費を削減できる」ことから、建売の方がより効率的に設計・施工できます。
その為、建売は注文住宅に比べてリーズナブルなことが多いのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
3、入居までのスケジュールの違い
ーーーーーーーーーーーーーーーー

◆建売住宅

予算・希望条件を整理したらそのまま物件探しをスタートします。
気になる物件が見つかりましたら、現地を実際に内見にいきます。
工事中のこともありますが、すでに完成している物件であれば実際の室内状況を確かめて購入することができるのが建売購入のメリットと言えます。
購入物件が決まったら売買契約を結び、住宅ローンの融資を受け、引き渡しとなります。
ここまでの流れを踏まえても、建売住宅はすでに物件が完成している場合、平均2〜3ヶ月、最短1ヶ月程でお引き渡しが可能な場合もあります。
賃貸の更新が迫っている等の理由で引っ越しを急ぐ方には大きなメリットですね。

◆注文住宅

注文住宅は建売と比べて手順が多く、入居まで時間がかかるのが特徴です。
まずは希望の条件を整理し、予算が固まりましたら、土地と建物の設計・建設を依頼する施工会社を決めます。
依頼する会社が決まったら次は土地探しです。
土地探しには平均3〜6ヶ月程度の期間がかかりますので、早めにスタートを切ることが重要です。
理想のプランが叶う土地探しをハウスメーカー担当者と一緒に探していきましょう。
土地が決まりましたら建物の建築プランを固めていき、施工会社と建築工事請負契約を結び、いよいよ着工となります。

自由度の高い注文住宅では、プランが固まるまでに綿密な打ち合わせが必要で、その回数は10回を超えることも珍しくありません。
その為、土地購入から工事請負契約の締結までは短くて3ヶ月、長ければ10ヶ月近く時間がかかります。

着工すれば3〜6ヶ月程度で完成・引き渡しとなりますので、土地選びからスタートする際はトータル1年半以上かかるケースもあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4、どちらが向いている?建売と注文住宅を選ぶ時の判断基準
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆建売住宅が向いている人

・すぐに入居したい
・土地を持っておらず、時間や手間をかけずにマイホームが欲しい方
・間取りやデザインがある程度決まっている方が安心という方
・お庭は狭くても(もしくは無くても)大丈夫という方

◆注文住宅に向いている人

・すでに土地を取得している方
・外観・内装・設備のこだわりを実現したい方
・時間をかけてでも自分達の納得する家を作りたいという方
・家づくりを頼みたい設計事務所やハウスメーカーがある方

ーーーーーー
5、まとめ
ーーーーーー

みなさんとってどちらが適しているかは、本人や家族の価値観・ライフスタイルによって異なるものです。
費用面で言えば注文住宅よりも建売住宅の方がお手頃な傾向にありますが、単に金額だけで決めるというのはあまり得策ではありません。
場合によっては同じ費用感であれば、少し外れたところに注文住宅をたてるより、立地の利便性を優先したいという方もいます。
ご家族にとって何が優先度が高いのかといった「条件整理」の上、選択することが必要です。

弊社ガウディランドでは、今回ご紹介した「建売住宅」「注文住宅」の他、「中古戸建を買ってリノベーション」という戸建て購入3つ目の選択肢もご提案可能です。
なかなか1つの会社でこの3つをご提案できる会社は多くありませんので、「戸建てが欲しいなと思ってるけど、自分達にとって何が一番良いのかわからない」とお悩みの貴方はぜひご相談ください。
私達と一緒に「条件整理」からはじめましょう。

Column一覧に戻る

tag